オンラインカジノの胴元がブラックジャックでイカサマ出来ない理由

ギャンブルと言えばイカサマが疑われるものですが、オンラインカジノのブラックジャックでは一切のイカサマが出来ませんので、安心してギャンブルを楽しめます。
そう言い切れるのにはオンラインカジノならではの理由があり、ブラックジャックに限らず全てのゲームでイカサマが出来ない仕組みが確立しています。

「オンラインカジノのブラックジャックはイカサマだ!」という声を聞きますが、それは運やテクニックが無かっただけで、実際には公平にゲームは進んでいるのです。
そこで今回の記事では、オンラインカジノの胴元がブラックジャックでイカサマが出来ない理由をまとめてみました。

オンラインカジノのブラックジャックでイカサマを疑っている方は、是非この記事を参考にして、公平性をご納得いただけたら嬉しいです。

ライブゲームはゲームプロバイダーが運営

ライブゲームはゲームプロバイダーが運営

ライブゲームのブラックジャックは、オンラインカジノの胴元が主催しているのではなく、専門のゲームプロバイダーが運営しています。
マイクロゲーミング社やエボリューションゲーミング社、ネットエント社などのゲームプロバイダーがライブゲームのブラックジャックを運営し、あらゆるオンラインカジノへ提供しています。

ゲームプロバイダーによって厳しくディーラーのイカサマ行為を監視しているため、オンラインカジノの胴元が意図的にプレイヤーを負けさせることは出来ないのです。
一部では、専用のライブゲームスタジオを持つオンラインカジノもありますが、その場合も同様で、運営はゲームプロバイダーが行っています。

ゲームプロバイダーも信頼性が最重要ですから、オンラインカジノと手を組んでイカサマをするなんてことは絶対にありえません。

テーブルゲームは乱数発生器を搭載

テーブルゲームのブラックジャックとは、コンピューターのシステムを使ったタイプのことで、全てグラフィックスによって作られています。

「コンピューターならプログラミングをいじれば簡単にイカサマができるだろう」を思われるかもしれませんが、テーブルゲームのブラックジャックも全てゲームプロバイダーが提供しています。
さらにテーブルゲームのブラックジャックには乱数発生器を搭載しており、全て完全ランダムでゲームが進行しています。

たとえプログラミングをいじれるタイミングがあったとしても、乱数発生器が存在する以上、ゲームの進行になんら影響を与えません。
いつどんなタイミングでも全く同じ確率のランダム抽選ですので、イカサマができる余地は一切無いのです。

第三者機関からの厳しい監視の目

第三者機関からの厳しい監視の目

ライブゲームもテーブルゲームも、全てのブラックジャックはゲームプロバイダーが提供しているため、オンラインカジノの胴元にイカサマができないことはわかりました。
とは言いましても、ゲームプロバイダーがイカサマをしていては何の意味もありません。

場合によってはオンラインカジノの胴元からゲームプロバイダーへ裏金が流れ、イカサマ機能の搭載をお願いしないとも限りません。
しかしゲームプロバイダーでは第三者機関による厳しい監視の元、全てのゲームを開発しているため、イカサマをすればすぐにバレてしまいます。

その結果ゲームプロバイダーのライセンスを剥奪され、会社は多大なる損害を抱えてしまうことになります。
第三者機関の厳しい監視の目がある以上、絶対にイカサマは出来ないのです。

イカサマをするデメリットが大き過ぎる

オンラインカジノの胴元によってイカサマが出来たとしても、あまりにもデメリットが大き過ぎます。
まず莫大な資金と時間をかけ、苦労して取得したライセンスが剥奪され、二度とオンラインカジノの運営ができなくなります。

どれだけイカサマで儲けたとしても、とても割に合わない大きな損失です。
そしてもう一つが、イカサマ疑惑によって新規ユーザー確保が難しくなることです。
オンラインカジノはペイアウト率が非常に高いギャンブルのため、どうしても薄利多売のビジネスが要求されます。

1人でも多くのユーザーを確保したいオンラインカジノにとって、イカサマ疑惑は死活問題なのです。
このことからイカサマ疑惑を持たれないよう、常に公正公平にブラックジャックを提供しています。

まとめ

まとめ

今回は、オンラインカジノの胴元がブラックジャックでイカサマが出来ない理由についてまとめてみましたが、ご理解いただけましたか?
最後にもう一度断言しておきますが、オンラインカジノのブラックジャックには一切イカサマは無く、全てのプレイヤーに対して公正平等です。

ライブゲームもテーブルゲームも、あらゆるブラックジャックは全てゲームプロバイダーが開発し、オンラインカジノへ提供しています。
またゲームプロバイダーも第三者機関の厳しい監視の元、ブラックジャックを開発していますので、そこにイカサマをする余地は一切ありません。

ギャンブルにイカサマは付き物と言いますが、オンラインカジノのブラックジャックに関しては完全に否定出来ます。
ブラックジャックに限らず、オンラインカジノで遊べる全てのゲームでイカサマが出来ない仕組みが確立していますのでご安心ください。