スロットで勝つにはコツが必要

カジノの花形と言えるスロットですが、非常に勝ちづらいとされています。

これはプログラムで制限されていることが大きな要素で、しかもリール自体が増えてしまったこと、絵柄が本来のスロットよりも増加していることで当たりづらい状況になっているのです。
スロットで勝ちたいと思っている方は、オンラインカジノでも相当な覚悟を持っていないといけません。

ほぼ大当たり限定じゃないと勝てない

まずラインの数が最近は増えていることが大きな要素になっています。
ラインの数はこれまでそこまで多くなかったのですが、リールが5つになったことを踏まえて色々なラインが模索されて、最終的に相当多くなってしまいました。

ラインの数はスロットの左側に表示されているので、この数字が多ければ多いほどお金を使うことになります。
使っている金額が多くなってしまうのは覚悟の上で、ラインを全て的中するようにしていかないと失敗します。

更にこれに賭け金を入れることになるので、ラインの数×賭け金という概念が生まれることになります。
つまり1回で使う金額が相当大きくなってしまうことになり、スロットは1回のハズレが大きくなります。

ルーレットなら1回外れても1ドルくらい削られている程度ですが、スロットの場合は3ドルくらい削られていることが多いので、かなりのお金を入れていないと勝てない状況になってしまいます。
そのためスロットで勝つことは相当難易度が高く、勝てる人は一握りになっています。

3リールが徐々に減っている

多くのオンラインカジノでは、昔から3リールのタイプを採用していました。
ところがビデオスロットが主体になったことで、スロットは5リールに変更されることになりました。

更に柄についても相当変化が加えられていて、少なくとも14個の柄が作られるようになりました。
つまり柄の数が多くなっていることで、揃いづらい状態になっているのです。

3リールの時でさえ当たりづらいと感じていたものが、5リールになって更に厳しい状態になってしまいました。
当たりづらさは極限まで高くなり、スロットによってはラインが多すぎてよくわからない的中が生まれてしまうことも増えて、思っていたような感じでお金を増やすことができません。

昔のように3リールでプレイしたいと思っても、そうしたスロット自体が減っていたり、中にはオンラインカジノに用意していないことがあります。
これが原因でスロットでは勝ちづらいのです。